住宅ローン控除 住宅ローン控除

「住宅ローン残高の1%が10年間戻ってくる」
住宅ローン控除とは金融機関で住宅ローンを借りて家を取得した場合、年末のローン残高の1%が10年間所得税から控除される。控除額が所得税よりも多い場合は所得税はゼロになり控除しきれなかった分は翌年の住民税からも減額される。

消費税8%の住宅は10年間で最大400万円(1年分の控除額の最大は40万円)

中古住宅の場合は以下3つのいずれかを満たすものが対象です。
(1)マンションなど耐火建築物は築25年以内、木造などは築20年以内
(2)一定の耐震基準をみたすことが建築士等によって証明された住宅
(3)購入後に耐震改修工事を行い、建築士等によって一定の耐震基準に適合すると証明された住宅

この住宅ローン控除の適用を受けるには、入居の翌年の3月15日までに税務署に確定申告をしなければならない。給与所得者の場合は2年目からは勤務先の年末調整で手続きすれば大丈夫です。