瑕疵担保責任 瑕疵担保責任

購入・建築した住宅に入居した後で知っていたにも関わらず事前に告知していなかった欠陥(瑕疵)が見つかった場合、売主や施工者が無償で補修したり、損害賠償に応じなければならないことを瑕疵担保責任という。

新築住宅については2000年4月に施行された住宅品質確保促進法(品確法)によって、引き渡しから10年間の基本構造部分の瑕疵担保責任が定められている。中古として取得した住宅(築1年を超える未入居住宅も含む)は築10年以内であっても対象にはなりません。

中古住宅の場合重要事項説明書や契約書には現状有姿にて引渡しと記載されていることが多く買い手はそれを理解して売買契約を締結します。ですので購入前によく物件を見て気になることは全て聞いて確認する必要があります。
また売主は告知義務がありますので物件の状況について全て説明し重要事項説明書に記載します。

所在地Access